はじめに

キャリステニクスを支える3つの概念

今すぐ始められるのがキャリステニクスのトレーニングメニューの良いところ。

キャリステニクス vs ウェイトトレーニング

キャリステニクスで筋肉を鍛える時、それはすなわち次の3つの動作が行われるということです。

Push

Push. すなわち「押す」、「押し出す」行為によって筋肉を鍛えます。

腕立て伏せは上半身の筋肉、スクワットは下半身の筋肉を使って「押す」行為になります。

Pull

Pull. 「引く」という行為によって筋肉を鍛えます。

懸垂は背中の筋肉をメインとして、自分を「引き」あげる行為です。

Hold

Hold. 「保つ」という行為によって筋肉を鍛えます。

状態を保つことも立派なトレーニングの1つです。

倒立状態を「保つ」、バーにぶら下がった状態を「保つ」にも筋肉が使われます。

キャリステニクスで身体を鍛える際は、この3つのポイントをしっかり意識しておこなってください。

つまり、どこの筋肉を使って

  • 押す
  • 引く
  • 保つ

を行なっているのか?

その為には、自分のレベルにあったトレーニングを行う事が大切です。

筋トレ初心者は設定すべき負荷と回数とは?

ぜひ上記の記事をお読みになった上で、キャリステニクス広場で紹介しているトレーニング方法を活用してください。

About the author

Relative Posts